記事の長さ:2228文字




<本田圭佑の言葉~(1)>
日本代表として3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場した本田圭佑(33=ボタフォゴ)は、強烈なリーダーシップを発揮しながら世界の頂点を目指してきました。時には言葉で仲間や、世論を動かしながら「W杯優勝」を公言。日刊スポーツでは密着取材を続けてきた元担当記者が「本田の名言 トップ10」を独断と偏見で選出。その発言の背景を振り返ります。第1回は10位から。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
「オレの守備のことばかり言うのが日本らしい。それより、オレがシュートを1本も打っていないことを指摘してほしい」
2009年9月6日、ドイツとの国境に近いオランダのエンスヘーデ。木漏れ日が降り注ぐグラウンドの横で、本田は何人かの記者に囲まれた。その前日の親善試合、日本は0-3でオランダに完敗。後半から途中出場した本田はFKの際、中村俊輔に「俺に蹴らせてください」と直訴した。
まだ代表入りしたばかり。連動性を重視する岡田ジャパンで、その強烈な個性は、まだ受け入れられていなかった。得点にこだわり、1人だけ前掛かりになることが多かった。周囲の選手から漏れ聞こえる守備の不安に対し、本田は「俺の守備のことばかり-」と、そう訴えかけたのだった。
それでも、代表に定着するために、自我を抑える姿も垣間見えた。3日後にオランダ・ユトレヒトであったガーナ戦(同年9月9日)。後半途中から入ると、不安の声を払拭(ふっしょく)しようと、必死に守備に戻った。その試合、日本は4-3で競り勝つ。それでも、歓喜に包まれたロッカー室から出てきた本田は、取材エリアで一切、笑顔はなかった。
「今日はオレの日じゃなかったです。物足りなかった。自分は何もしていない」
当時所属していたオランダのVVVフェンローで得点を重ね、自信をつけつつあった。代表でも結果を残し、不動の地位を奪い取ろうとする思惑があっただろう。だが、その欧州遠征で2戦無得点。不完全燃焼との思いが、そんな言葉につながった。
その後も信念はブレることはなかった。10年W杯南アフリカ大会を目前に控えた5月、成田空港で開かれた会見でこう言い放った。
「守備をするために試合に出ているわけではない。自分の特徴は攻撃。できれば守備はしたくない」
代表で定位置をつかむのは、この後になってからのこと。岡田ジャパンの下馬評も低かった。だが、本田の強気すぎる発言から、日本は世界16強入りを果たすことになる。
当時はまだ誰も、南アフリカでの日本の躍進を想像する人はいなかった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe8f6c2267638aaedc741847ddc5c506ced84c5b

 

2020/06/01(月)
「アタッカーの守備のことよりも攻撃のこと指摘しないとアタッカー育たんぞ」って話じゃないんか。別に守備しないとも言ってないし本田昔からそれなりに守備するし。

2020/06/01(月)
賛否はあるだろうけど、こういうタイプは各世代に1人は必要だな。謙虚で優等生な発言ばかりじゃつまらん。本心なのかキャラづくりなのかは別にしても、日本サッカーを盛り上げてくれた人には変わらない。

2020/06/01(月)
実際日本人はやたらと前線に守備守備言い過ぎなんだよな。最終ラインまで戻ることが試合に何度も何度もあるのはむしろ良くないはずなのに。
そもそも簡単に最終ラインまでずるずる行くのも問題だけど。
2020/06/01(月)
自己主張を良しとしない日本社会のなかで、はっきり発言する本田に、抵抗を感じた人もいたと思う。
それでも結果を示してきた
自らかけたプレッシャーを力に変えるトコが、凡人には真似できないね。
今後は、日本でもこの手のタイプがより重宝される時代になるでしょ
2020/06/01(月)
日本人は必要以上に前線に守備を求めすぎかもしれないな。
ロシアのコロンビア戦で両軍合わせて大迫がシュートブロック1位タイだったし。
ハメスのシュートコースに飛び込んで足に当てたブロックとかFWがやってるところ海外じゃほとんど見たことない

2020/06/01(月)
中村俊もこの時期ぐらいから翌年のW杯への焦りがあったかも知れない。

2020/06/01(月)
別にホンダの強気な発言から16強入りが生まれたわけではないと思うが。

2020/06/01(月)
南アW杯ではトップで身体はって、守備もしてたと思う。このころはノリに乗ってたな。

2020/06/01(月)
後にアバーテから守備を絶賛されるのであった。

2020/06/01(月)
一位はリトルホンダが言ったじゃないだろうな(^◇^;)

2020/06/01(月)
時を戻せるなら、ゴリゴリ系のボランチをやってる本田も見たかったな。

2020/06/01(月)
ベルギー戦のコーナーキックが悔やまれる

2020/06/01(月)
結局トップオブトップにはなれないままだったけど、強靭な精神力のおかげで、元々の実力以上の成績を収めれたんだろうな。

2020/06/01(月)
守備の免除なんてモンスターにこそ許される特権。野心だけではどうにもこうにも

2020/06/01(月)
NO1はキヨキヨか出身地Earthかどちらかだろう。