記事の長さ:4767文字




 9月24日に行なわれたリーグカップ3回戦のリンカーン・シティ戦で、リバプールの南野拓実が2ゴール1アシストの活躍を見せた。
 ミドルシュートを決めた1点目、激しいプレスから叩き込んだ2点目と、いずれも鮮やかなゴールだった。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノのレギュラー3トップに加え、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョタの移籍でポジション争いが激化しているだけに、今季初先発で結果を残した意義は極めて大きかった。
 ただ、それ以上に可能性を感じさせたのが、南野が偽9番として機能したことだった。
 センターフォワードとして出場したが、その働きは純粋なCFのそれではなかった。日本代表アタッカーの幅広いプレーエリアと役割が、7-2の圧勝を生んだ一因だったのは間違いない。
 この日のフォーメーションは4-3-3。CFに入った南野は前線から守備をこなし、相手のパス回しを追いかけた。こうしたハードワークが実を結んだのが、南野の2点目のシーンだ。
 南野は後半キックオフ時から相手を立て続けに4人追いかけ、スライディングでパスをブロック。後方にいた味方がボールを奪い、ショートカウンターから南野がネットを揺らした。
「真っ先にプレスをかけて追いかけていたのが、最前線にいるタキ(南野)だった。プレッシングやカウンタープレスの場面で、すべてリズムを作ってくれた」
 試合後のユルゲン・クロップ監督も手放しで褒めていた。
 ただ、南野は前線にとどまるだけではなかった。
 リバプールのマイボール時になると、南野は頻繁に中盤まで下がった。パスコースを作りながらポゼッションに参加し、時には守備的MFの位置まで降りてビルドアップに加わった。象徴的だったのが、前半26分までのプレーマップだ。
 南野のプレーエリアは、インサイドMFとして出場したMFカーティス・ジョーンズ、MFジェルダン・シャキリとほぼ同じ。右サイドバックのネコ・ウィリアムズよりも低い位置だった。一方、4-3-3の両翼に入ったFWディボック・オリギとFWハーベイ・エリオットは、ワイドエリアの高い位置にせり出していた。
この試合のテレビ解説を務めたダニー・ヒギンボザム氏(※現役時代はサウサンプトンやストーク・シティでプレーしたDF)は、南野の動きで相手に混乱が生じていると説明した。
「南野はほぼ中盤でプレーしている。実際、プレーマップを確認すると、CFの位置には誰もいない。こうなると、相手CBは誰をマークすればいいのかわからない。『誰につけばいいのか?』と、CBには非常に難しい問題が生じる。こうしたプレーはフィルミーノもよくやるが、南野も非常によくやっている」
 たしかに、南野の偽9番起用は効果的だった。
 南野が中盤に降りてくると、空いているCFのポジションにインサイドMFのジョーンズが侵入。あるいは、両翼のオリギやエリオットがダイアゴナルランでDFラインの背後に抜けていった。
 もちろん、南野自身もチャンスとみると最前線のフリースペースに突っ込んでいく。こうなると、相手のCBは誰を捕まえればいいのかわからない。南野の上下動のおかげで、リバプールは流動的、かつ厚みのある攻撃を奏でていた。
◆「レンタル移籍後に日本代表まで上り詰めた5人の男たち」はこちら>>
 とりわけ、この試合で2ゴールを決めたジョーンズとの連係は効果的だった。南野が中盤まで下がれば、ジョーンズが前方にポジションを上げる。そして、南野が前線に入れば、その後方でジョーンズがサポートする。ふたりの「振り子の動き」は、この試合のポイントだったように思う。
 ヒギンボザム氏は「フィルミーノの動きのようだ」と南野について語っていたが、筆者にはもう少し違う印象を残した。前線とバイタルエリア周辺を動き回るフィルミーノに比べると、南野は中盤の深い位置までカバー。ブラジル代表FWよりもプレーエリアは広かった。また、プレス時の積極性や守備強度も、南野のほうが強かったように思う。その意味では、日本代表はゼロトップシステムで自身の持ち味を示したと言える。
実際、英紙デイリー・メールはリバプールのフォーメーションについて、南野をトップ下に入れた「中盤ひし形の4-4-2」と記した。「4-3-3」としたメディアが多かったものの、たしかに見方によっては「中盤ひし形の4-4-2」とも取れる。こうして見方が分かれたことも、南野が偽9番として前線と中盤を流動的に動いていた証と言える。
 なによりも、リバプールの基本フォーメーションである4-3-3で、南野がCFとして存在価値を高めたのは大きい。
 南野はプレシーズンから好調で、シーズン前哨戦となるコミュニティーシールドで貴重な同点ゴールを決めた。ただ、この時はチームにとって「プランB」となる4-2-3-1の左MFとして出場。フィルミーノ、サラー、マネと共存できることを示したが、従来型の4-3-3でいかに持ち味を示すかが課題だった。
 南野の活躍を受け、地元紙リバプール・エコーは「レギュラーCFのフィルミーノは、少し心配しているかもしれない。今後、誰をCFの位置で使うべきか、クロップ監督も悩むだろう」と伝えた。
 リバプールは、ここから過密日程に突入する。9月28日にアーセナルと国内リーグを戦うと、中2日の10月1日にリーグカップ4回戦で再びアーセナルと対戦。そして、中2日の10月4日に国内リーグのアストンビラ戦が控えている。
 おそらく、南野はリーグカップのアーセナル戦で先発のチャンスがまわってくるだろう。対戦相手のレベルが一気に上がるこの一戦が、今季序盤のターニングポイントになりそうだ。
田嶋コウスケ●文 text by Tajima Kosuke
https://news.yahoo.co.jp/articles/65f1f970f6a22ce05cb53a4af36e94e868d43bd1?page=1

 

2020/09/27(日)
あまりにもパスが来ないから下がったってのもあるよ、南野はマークが付いていてもファーストタッチで反転してDFをかわしシュートまでもって行けるだけの実力があるんだからザルツ時代の様に鋭いスルーを出してやって欲しい。

2020/09/27(日)
これをマンCやユナイテッドとかプレミア上位チームにやれるかどうか
それで点を決めれるかどうか
2020/09/27(日)
中堅チームでレギュラーを絶対掴むであろうシャキリがリヴァプールではカップ戦要員。
どれだけ層が厚いかがわかる。
おそらくジョッタもスタメンの前の3人より力を見せないとカップ戦要員の様な扱いをされるだろうな。
南野拓実も出た試合でハイプレスはもちろん、ガッツ溢れる気迫のあるプレーを毎試合見せて欲しい。

2020/09/27(日)
日本人の活躍を称賛できないヤフコメ民(笑)
不快過ぎるからほんとに書き込まないで欲しい。
現実問題として、3トップの誰かがケガもしくは休ませる以外でのスタメンは難しいと思うが、控えメンバーの中だと評価は高いと思う。
いつまでたってもチームプレイ出来ないオリギ、好不調の波が激しいシャキリ、まだまだ若いブリュースターとエリオット。
プレミアの過密日程考えれば、常時スタメンは厳しくともチャンスはあると思う。
南野の評価ポイントはユーティリティーなところだから、3トップの代役と4-2-3-1のオプション起用出来る事が今後の評価になるんじゃないかな。
マネとサラーあたりは移籍の話もチラホラ聞くし。
まぁその2人移籍なら補強すると思うけど。

2020/09/27(日)
ワントップてのは別にポストプレーヤーに限らないから良いんだよ。ムービング系がやることだって普通。
中山、岡崎と続いた系譜がここで南野に引き継がれそうなのは安心。記事にあるようにファーストディフェンダーとしての守備はものすごく重要。
ハリルが前線からの守備は免除させロングカウンター縦ポンにしてから一気に失速したけど、日本人にはそんなの出来ない。フィジカルで世界をぶっちぎるなんて芸当は帰化した選手じゃないと出来ないからね。ポストだけ大迫にさせても何も可能性のないサッカーだった。日本人がすべきなのはそういうサッカーではない。
2020/09/27(日)
カップ戦で使われてるわけだし、結果を積み上げていけばプレミアやUCLでも先発の機会が増えるでしょう。クロップ監督も明確に南野選手のポジションについて言及してるし、今後はそこで強度を上げてほしいですね。応援してます南野選手。

2020/09/27(日)
南野はビッグクラブにいてしかもプレミアリーグだから
控えやカップ戦要因だとしても見ていて面白いよね!
2020/09/27(日)
南野はもちろん素晴らしかったが、
2ゴールのカーティスの個人技はエグかった

2020/09/27(日)
だけど3部相手に結果で無くて消えて行った、期待の星や実力者選手は数知れず
結果としてはリーグ戦やCLでの出番が2~3試合増えるかどうか位だと思うけど
取り合えず首の皮は繋がった状態から、一歩前進

2020/09/27(日)
レッズの若手も良いのがあるなぁ〜
オリギもシャキリも結果出したし。
南野はやはり格下には強いな

2020/09/27(日)
まだトラップの硬さ、ボールの収め方が危なっかしいけどこれは試合勘に近いのかな。
2020/09/27(日)
南野の体力が心配。どこかでちゃんと休みを入れてあげてほしいい。
2020/09/27(日)
リーグ戦でどれだけやれるかが重要やけど、とりあえず結果出て良かったよな。
2020/09/27(日)
岡崎選手、南野選手と「日本人FW」のイメージの一つが確立された感じもするな〜。

2020/09/27(日)
日本だとJ1のチームがJ3のチームとやった試合ひとつで騒ぎすぎでしょ?ってことにはならないのですか?

2020/09/27(日)
ゼロトップは中盤で優位になれるけど、南野はDFラインに張り付いて抜け出してゴール狙う方が向いてる気がする。
ボール裁きの判断は遅めだけどシュート狙う時のタイミングや動き出しが南野の武器。

2020/09/27(日)
菅田将暉とLIAR GAMEの時の松田翔太を混ぜた顔。
2020/09/27(日)

2020/09/27(日)
通用しないのは初めからわかっていた事。

2020/09/27(日)
今の南野の良いところがでたゲームだった。
ただ、若いうちはこれができるんだよ、香川もそうだった。
年を重ねていくにつれて、これからの南野がどうなるかだな・・・。

2020/09/27(日)
例えるなら、イナズマイレブンアレスの天秤の星章学園戦の明日人の動きみたいな?
2020/09/27(日)
南野がこれからリバプールでレギュラーに定着して活躍すると思う
人は日本にはたくさんいるのかもしれない。
2020/09/27(日)
相手チーム弱すぎるからの活躍

2020/09/27(日)
2020/09/27(日)
このユニホームの色めっちゃ好き

2020/09/27(日)
おい、おっさん、そんなに褒めるならリーグ戦で先輩で使えやコラ
2020/09/27(日)
カップ戦で結果残しただけで歓喜してる日本人笑笑